1. HOME
  2. お知らせ
  3. スカブラひろば|はじめました

スカブラひろば|はじめました

 


田川市美術館では「スカブラひろば」をはじめます。

このひろばは、展示室が空いている時だけあらわれる無料のひろばです。

今回の場所はギャラリーBです。
普段あまり見ることのできない屋外展示(川俣正《鉄塔模型》高鶴元《MANDARA》、母里聖徳《FORGING COMPRESSION’94 “plane”from seven cubes》)を見ることができます。

ひろばは「田川市美術館コレクション展2024-1 田川、青森、そして筑豊」に合わせて6月8日から6月30日まで。

「スカブラ」とは?
炭坑の現場では仕事をせずぶらぶらしているが、ストレスのある過酷な現場で、バカ話やホラ話をして、労働者を和ませていた愛嬌のある人です。
しかし、炭坑の経営がきびしくなると、スカブラは真っ先にクビに!スカブラがいなくなった現場では労働者のストレスがたまり、仕事に士気がなくなり、生産性が落ちました。
スカブラは炭坑労働者に必要な存在だったという話しがあります。(諸説あり)
「スカブラひろば」は、絵本や図録を読んだり、外の景色を眺めたり、子どもと一緒にゆっくりした時間を過ごしてみたり……
いそがしい日々の中でちょっとひと息つける憩いのひろばとしてご利用していただければうれしいです。


 

新着記事

お知らせ一覧