美術館について

田川からの発信、田川ならではの受信

田川市美術館は、田川市立図書館と共になす「田川文化エリア」内に、1991年(平成3年11月)に筑豊初の本格的な美術館として開館しました。 歳月を経て緑青と化した銅板大屋根の重厚な外観を持つ当館は、”筑豊からの発信”をテーマに、郷土ゆかりの作家たちを中心に様々な企画展が行われています。
また市民に親しまれる美術館としてふるさとの美術を広く紹介するとともに、企画展の開催や市民の発表の場としても利用されています。
地域の文化向上拠点とするため、若きアーティストたちを支える取り組みも活発に行っています。英展・田川美術展・こどもの絵画展の開催や子どもや親子で参加できるワークショップ、作品発表や品評を自由にディスカッションする場を設けるなど、芸術への情熱と意欲を盛りたてこの「筑豊」から多くの芸術家たちが羽ばたく環境を据えていきたいと願っています。

施設外観

田川市美術館のロゴタイプおよびシンボルマークは、松永真氏にご寄贈いただきました。

所在地
〒825-0016 福岡県田川市新町11-56
TEL
0947-42-6161
FAX
050-3737-3717
E-mail
museum@tagawa-art.jp

ご利用案内

開館時間

9時30分~17時30分(入館は17時まで)

休館日

月曜日、月曜日が祝日の場合はその翌日
※翌日も祝日の場合は開館となります
年末年始(12月29日~1月3日)

※このほか、展覧会準備のため、臨時休館することもあります。

観覧料

区分 個人 20人以上の団体
一般 100円 1人につき80円
高校生・大学生 50円 1人につき40円
小学生・中学生 30円 1人につき20円

※未就学児無料 ※毎週土曜日は高校生以下無料

展示企画展・イベント

各企画やイベント毎に観覧料・参加料が決められています。詳しくは展示・企画案内およびイベント案内の情報よりお確かめください。

当館のご利用にあたって

当館にて快適なご観覧をお楽しみいただけるために、ご来館者様に以下の点をご協力お願いいたします。

  • ・動物(ペット)とはいっしょに入館できません。
    (盲導犬、介助犬、聴導犬は同伴可)。
  • ・館内での飲食はご遠慮ください。
  • ・館内は禁煙となっております。
  • ・作品保護のため展示作品には手をふれないでください。
  • ・携帯電話はマナーモードにして、通話は展示室外でするようにお願いします。
団体でのご利用について

団体(20人以上)でお越しの際、美術館受付にお申し出ください。事前にご連絡くだされば、受付をお待たせすることなく観覧できます。
学校行事の一環として観覧の場合は、事前に美術館観覧料減免申請書を提出していただきますと、観覧料は免除となります。

申請できるのは「保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校などの生徒」です。

※美術館観覧料減免申請書について詳しくはこちら >

館長紹介

館長 | 松岡 英明

[プロフィール]
二紀会会員
福岡県美術協会会員
田川市英展運営委員
田川美術展洋画部審査員
西日本新聞文化サークル講師

交通アクセス

アクセスマップ
駐車場
交通機関のご案内

★「JR田川伊田駅」「JR田川後藤寺駅」からいずれもタクシーで5分
★「石炭記念公園口」から徒歩8分

大きい地図はこちら >

貸しフロアについて

貸しフロア
貸しフロア

ご利用は、1週間単位となります。原則として、月曜の休館日に飾りつけをし、火曜~日曜までが展示期間となります。(祝日などにより、多少前後する場合があります)

中央展示室、ギャラリーA、ギャラリーBは、1部屋ごとの利用のほか、全室をご利用いただくことも可能です。
田川市美術館を初めて利用される場合は、内容を把握するために、事前に出品作品の写真、もしくは出品予定作品についてわかるもの(以前の作品等の写真やポートフォリオなど)を見せていただくことがありますのでご了承ください。

貸しフロア利用申請の詳細はこちら

利用申請に必要な書類はこちらよりダウンロードできます。

*各展示室の空き状況や、雰囲気などを確認するためにも、まずは、田川市美術館にお越しいただくことをお勧めします。事務所に、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP