展示・イベント

田川市美術館開館30周年記念

「起きる、描く、寝る。いきる。」黒田征太郎展

期間
令和3年12月4日(土)~令和4年1月30日(日)
時間
9:30~18:30
※入館は閉館の30分前まで
会場
全フロア
観覧料
一般600円(500円)/高大生400円(300円)/中学生以下無料
※田川市在住の方は、身分証明書を提示していただくと( )内の料金で入館が可能
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方、およびその介助者1名は無料/土曜日は高校生以下無料
黒田征太郎展
黒田征太郎展
詳細
イラストレーター、画家として国内外で活躍する黒田征太郎。彼が生み出す「絵」は数えきれないほど膨大な量に及びますが、1994年ニューヨークのとある書店で『戦争童話集』(野坂昭如著)に出合ったことで、「絵でイノチと向き合い、絵で伝えていく」という制作の原動力を得ました。その後すぐに「忘れてはイケナイ物語り」プロジェクトがスタートし、『戦争童話集』を絵本化・映像化、そしてPIKADONプロジェクトではアートを通して戦争の記憶を次世代に伝え、今もなおその活動は様々な形で広がっています。
本展は「戦争童話集」を中心に、1970年代~現在までの黒田の活動を「イノチ」というテーマを通して振り返る初の展覧会です。グラフィックシーンを席巻したK2時代のポスター、「戦争童話集」の挿絵・アニメーション原画やPIKADONプロジェクトのライブペインティング作品、さらには炭鉱から着想を得た作品等が所狭しと並びます。
父親が筑豊の炭鉱で働いていたという黒田征太郎のルーツの一つとなるこの地で今、皆さまと一緒にイノチのことを考える機会となることを願います。

関連イベント

『戦争童話集』朗読ライブ+トークイベント

劇団『椿組』主宰の外波山文明さんによる戦争童話集の朗読と外波山さんと黒田さんの対談を行います。

日 時 |12月4日(土) 13時30分~15時30分
会 場 |田川市美術館 AVホール
定 員 |30人程度 ※先着順
参加費 |無料 ※本展の半券が必要
申込方法|11月6日(土) 10時~ 電話で申し込み
朗読ライブ+トークイベント

椿組 田川公演『戦争童話集』これは忘れてはイケナイ物語り

劇団「椿組」による特別出張公演。『戦争童話集』の中から数作の演劇を行います。

出演:劇団『椿組』外波山文明さん、他6名
演目:ぼくの防空壕、ウミガメと少年、象のいるどうぶつ園、凧になったお母さん

日 時|令和3年12月12日(日) 15:00開演(14:30開場)
会 場|田川青少年文化ホール
観覧料|当日券:2000円/前売り券:1500円
(※大学生以下各300円引き)
[全席自由] 予定席数に達し次第販売を終了いたします。

※前売り券は田川市美術館で販売、または電話予約にて受付いたします。

前売り販売・電話予約:令和3年11月27日~12月11日

黒田征太郎 公開制作 & ワークショップ

※こちらのイベントは終了しました。

公開制作&ワークショップの様子はこちらからご覧いただけます。(YouTube)

イベント注意事項

▪発熱や風邪の症状がある方や体調がすぐれない方は観覧および参加をお控えください。
▪マスクの着用をお願いいたします。
▪検温および消毒にご協力ください。
▪公開制作、朗読・トークイベント時のカメラ・動画撮影はお断りいたします。

※会期中はトークイベント、ライブペインティング、動画配信も予定しております。
各イベントの詳細は随時更新いたします。最新の情報は当館ホームページにてご確認ください。
新型コロナウイルスの感染拡大状況によってイベントの開催に関して変更が生じる場合がございます。

PAGE TOP